FC2ブログ

これは私の日記帳であり、箱庭であり――そして、帰る場所である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それはゆとりか英才か

 こんにちは。
 今回は一昨日と昨日にかけての出来事を書きます。
と言っても、レベリングをしていただけになりますが。


■カンナ

 無事に160レベルに到達することが出来ました。
記事を書いているPCとは別の端末での操作のためスクリーンショットは1枚もないのですが、
黒Yで鬼神を出して吸っていただけです。

  kuroy.png
 ダークワイバーン、通称 【 黒Y 】
  前足が無く、常に竜の巣を飛び回っている。龍族の中では中流階級に属しているらしい。
  口から吐き出す呪いのブレスには注意が必要だ。


 スターフォース地域のためそれなりの火力を要しますが、その分経験値もおいしい。

■聖魔

 カンナ自体はすぐに目標レベルに到達したため、主に遊んでいたのはこの子です。
キャラクター作成した始めはやはり大変でした。攻撃スキルが1回攻撃なので、
自分よりレベルの高いモンスターに攻撃が当てにくいからです。しかも耐久があるとは言えないので、苦労を強いられます。

 40レベルすぎになって、ユーザー間ではお勧めとされている「ゴールドビーチ」にも行ってみましたが、やはり攻撃スキルの仕様と、ダメージの低さが重なって、他職のような効率が出し切れません。

 ですので、狩場探しの旅に出ました。
 そして見つけたのが、ココ。

  斧百合1
   カニングシティー地下鉄 : 2号線 2区間
    錆びた鉄の臭いが蔓延る地下鉄の奥深くには、
    影のように揺らめく幽霊のモンスターが生息している。


 レイスというモンスターがうじゃうじゃといます。
 このモンスターですが、聖属性攻撃が弱点で、ヒールアタックも通用します。
 まるで、聖魔のために作られたような狩場です。ひたすらヒールで浄化していきます。

 ヒールは1回攻撃ではあるものの、範囲もスキルの出も速いのでかなり使いやすい。
 40レベルくらい~60レベルまで此処のお世話になりました。

 効率が良いからといって、ボーっと狩るのはやめましょう。

  斧百合3
   「はいはい、エリモンね。浄化浄化、と。今回はアンデッドか。……アンデッド?」
     気づいた頃には時既に遅し。浄化されたのは自分だった。



 そして60レベル。
 苦労しながらも無事に3次転職の試験をクリアし、プリーストへ。
  斧百合2
   なんかドロップしてる。このアイテムは転職には無関係です。

 プリーストになることで、ようやくまともな攻撃スキルを得ることが出来ます。

  シャイニングレイ
   4回攻撃が可能に。多少の高Lvモンスターは見れるようになる。

 そうして、ユーザー間では一般的な狩場と言われている、ドレイクへ来ました。
  斧百合4
   スキルが美しい。なお、火力は……。

 効率は悪くはないのですが、やはり微妙。自分に火力がないのが主な原因なのでしょうが、再び移動することにしました。
 狩場を探すのは結構面白いです。少しですが移動してる間にレベルも上がりますしね。

 そしてたどり着いたのが――
  斧百合5
   遺跡発掘地 : 未接近地域
    ペリオン奥地の呪われた渓谷には、霊魂を持たぬまま蘇ったシャレニアン軍隊の兵士達がいる。
 

 ここです。上段を翁加ちゃんに狩らせていますが、
 シャイニングレイで一段上、中段、下段をすべて巻き込めます。
 マップも考えて作られているということかもしれませんね。
 聖属性弱点なのでダメージも出せますし、鬼神の効果も相まって相当な効率を叩き出せました。
 ただ、街から遠いのがネックでしょうか。
 60レベルから76レベルになるまで、ここで狩りました。


 ここで、気分転換に【ジャクム(イージーモード)】に行ってみました。
 開始可能レベルは50で、その時のレベルは76だったので、いけるかなぁとおもいつつ。
  斧百合6
   今や現地まで直接飛べてしまいます。昔は死に物狂いで現地まで行っていたものです。

  斧百合7
   現地に着くと、火の目までもらえました。随分と優しいゲームになりましたよね。

 そして、いよいよ挑んだわけですが、結果からいえば結構楽に倒せました。
 腕を倒しても経験値をもらえないことに驚きましたが、本体の経験値はそれなりにおいしいと思います。
 ただ、封印は通常のように食らうので万病は必ず持っていきましょう。
 自分は聖魔だったからよかったものの、さすがに封印を受けながら戦うのは厳しいと思いました。

  斧百合8
   無事に撃破!ドロップしたアイテムは地味にお金になります。


 その後、もぐらとサソリを狩りにマガティアへ。
 85レベルくらいまで狩りましたが、しっくりきません。
 そこでウェブサイトを巡回しながらこの辺りのレベルでヒールが通用するモンスターがいないものかと探しました。
 そして見つけたのがサイティ。
  サイティ
   サイティ
     独り身で年老いていったマガティアの錬金術師のなれの果て。
     偏屈なのか気に入らないものにはすぐにビーカーを投げてくる、攻撃型認知症を疑わせるモンスターだ。


  斧百合9
   少々横に長いマップですが、効率はなかなかのものでした。

 相当な効率を出せましたが、横に長いため、疲れます
 だから移動しました。娯楽で疲れるのは嫌ですから……!

  斧百合10
   アイアンミュテに移動。効率は少し落ちますが、動く必要がないので十分。

 火力が徐々に成長していってるのがわかります。画像は97レベルの時のものです。
 ちなみに左側は翁加ちゃんに狩らせていました。
 実に、113レベルまで此処にこもっていました。


 ――そう、113レベルからはあの伝説のゆとり狩場へ行くことが出来るからです。
 その名も、《星の落ちた地域》。
 冒頭で紹介したダークワイバーンもそれに当たります。
 HPが多くて経験値も多い、サブキャラクターを育成するにはもってこいの狩場です。
 ちなみに、僕のキャラでは火力もなくてとてもじゃないですが狩れません。
 ではどうするか? それは簡単。鬼神とホーリーシンボルで釣って誰かに吸わせてもらうだけ!
 …………。

  斧百合11
   今回は、古き友である、かぢあ(メインキャラ別名)氏に狩ってもらいました。

 ホーリーシンボルをかける、かぢあ氏狩る。
 スキルが切れそうになったら、再びかける。この繰り返しです。

斧百合12「こんなに簡単にレベルを上げれるなんて、やっぱり聖魔は楽だよね」
  スキルが切れた。戻ってきたら再び掛けよう。
  やっぱり、他人の狩りで得る経験値は最高だぜ。
  ……また切れそうだ、掛けよう。
  …………おっといかん、うつらうつらしていた。掛けよう。
  ………………。

  …………。
  ……。


  寝落ちしました。


 気がついたら、朝。
 画面をみたらこんなにレベルが上がっていました。
  斧百合13

 かぢあ氏には感謝です。いや、ホントに。

 今回は、ここまで。
スポンサーサイト
[ 2015/03/21 16:32 ] メイプルストーリー 聖魔 | TB(-) | CM(2)
ブログ開設’&めいぽ復帰おめなの
レベリング早いですね さすがなの。
お手伝いあったら言ってね。
[ 2015/03/22 23:21 ] [ 編集 ]
コメントありがとうー。
レベリングはほとんどが友達に寄生なんで何にもすごくないよ!

これから作るキャラクターは自力で頑張っていくけどね。
[ 2015/03/23 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オノユリス!

Author:オノユリス!
1993年10月11日生まれ。
性別は男です。

趣味のゲームや小説について書いていきます!



 ブログランキング参加中!
 よかったらバナーをクリックお願いします!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。