FC2ブログ

これは私の日記帳であり、箱庭であり――そして、帰る場所である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第一話『刃神ルナ、降臨』

  
   ブログランキング参加中!クリックお願いします!




 あれから半年の刻が過ぎようとしていた。
 待てども待てども“中の人”は関東の旅から帰ってこない。
 一体、後編で何があったと言うのだろう。それは歴史の闇へと消え、そこに居た者のみが知る記憶として残るだけである。


 オフレポを書く、中の人は言った。
 キャラの絵を描く、とも言った。口頭とはいえ約束は約束。果たさねば男がすたる。
 そうは思えど、筆は進まぬ。
 これは自分の意志の問題であり、どうすることも出来ない。


 ――そう、中の人は弛(たる)んでいたのである。


 メルトエターナルの死により、自身が色濃い偶像へ寄りすがっていたに過ぎないことを自覚した中の人は、何とも自堕落な生活を送るようになっていたのである。
 何をするにも満足な結果が得られない事に己の無力さを感じながら、静かな夏を過ごしていた。


「……以前はあんなにやる気に満ちてたのに、もう潮時かな……」


 どことなく呟いた独り言に、誰かが反応するはずもない。
 中の人は無意識のうちに助けを求めていた。
 こんな暗い部屋に手を差し伸べる人間が何処に居るというのか。
 自身を嘲笑しながら、中の人は転がるように深いところへと落ちていく。
 そんな色の無い日々が続いた。


 *


 そしてまた、無意味に時は過ぎて。
 メイプルワールドは12周年で盛り上がる中、薄暗い自室には肌をくすぐる寂れた秋風が吹き抜ける。

 そんなある日、何を思い立ったか過去の画像フォルダを漁っていた中の人の手は、自然と自身の過去のブログへと赴いていた。
 そこに並ぶのは痛々しい記事の羅列であり、常人であればその歴史の黒さに飲まれ発狂するだろう。
 中の人も読みながら、相当な精神ダメージを受けていた。言うなれば自滅である。
 だがそこにいた過去の者達はみな、輝いているように見えたのだ。

 そこに書いているのは殆どメイプルに関しての事だったし、知らぬ人が見てもただのゲームブログの一端にすぎないのだろう。
 しかし、そこに映る自分達はまるで過去を生きているかのように見えたのである。


「それに比べて、今の自分はなんだ」


 中の人は己に問う。
 ――過去に縋り、新たな時代を築こうともせずに……。
 12周年の祭りの森で茫然と立ち尽くしながら、定期的に空から降り注ぐコインを頭でキャッチしているだけではないか。
 それは果たしてメイプルをしていると言えるのだろうか。いや、断じてそれは無い。

 その瞬間に、答えは出ていた。


「――ようやく分かったか」
「お前は……」


 その瞬間に、キャラクターには魂が宿る。

   hagami01.png

 刃神ルナ――本名を、ルーナ=アズール=シャーロット。
 中の人が生み出した分身であり、刃を司る剣戟の神。
 黒い片羽を備えた疾風の侍は、同じく黒い和装を纏い桜色の髪を揺らしながら、色の褪せた世界からこちらを静かに眺めていた。


「うん、わかったよ。今までは、どうかしてたわ。……確かに、今の俺にはやりたい事が多すぎる。しかも資格試験の勉強までせねばならん。動ける時間はあまり無いだろうな」
「ああ――知っているよ」


 そりゃそうだ。これは側から見れば自問自答。
 思考の果てに導き出した一人のメイプラーの、一つの解答なのだから。


「やってやるよ……」

 中の人は再び自身に誓いを立てる。
 これは自己解決の極致――しかし中の人にとって、キャラクターには意志があるように思えてならない。

 壊れている?
 ――上等だ。ならば孤高の境地まで壊れてみせよう。

 今までは少し様子を見ていたのだ。
 自身が身をひそめる事で、新たな風が吹くのではないかと期待した。

 ……だがそれも、ここまでにしよう。

 残念ながらそれではこの世界は褪せていくだけ。褪せた世界を再び塗りつぶす。
 全てを俺色に染めてやる。
 震えて待ってろかえでワールドの冒険者達。
 メイプルのラスボスは〈暗黒の魔法使い〉ではなく、この俺だ。


「さぁ――始めようか。俺達のメイプルストーリーを――」


 中の人は異界の境界面で、高らかにそう告げた。
 部屋に吹く秋風が引き上げたカーテンの向こうから、暖かく眩しい日差しが差し込む。
 そこから見えた空は蒼く、どこまでも澄み渡っていた――。


 *


「――という事らしい」 hagami01.png

oukaf7.png  「なんじゃそりゃ、気色の悪い奴じゃ……」


 第一話、完。
スポンサーサイト
[ 2015/10/05 20:50 ] メイプルストーリー ハヤト | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オノユリス!

Author:オノユリス!
1993年10月11日生まれ。
性別は男です。

趣味のゲームや小説について書いていきます!



 ブログランキング参加中!
 よかったらバナーをクリックお願いします!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。